多様な性にYES!の日 – 草加・川口・八潮エリアの不動産情報

センチュリ-21草加市民ハウジング 草加西口店 売買サイト

フリーダイヤル:0120-354-021

営業時間:9:00~19:00
定休日:水曜日

お問い合わせ

来店予約

西口店の日常

多様な性にYES!の日

ブログをご覧のみなさまこんにちは!
センチュリー21草加市民ハウジング 草加西口店 井上です。

 

5月17日は「LGBT嫌悪に反対する国際デー(International Day Against Homophobia, Transphobia and Biphobia)」です。
ちょっと長い名前ですよね。
日本では「多様な性にYESの日」として広まっています。

 

 

1990年5月17日にWHOの精神疾患のリストから「同性愛」が削除され
「この日を同性愛差別に反対するきっかけとしよう」と、
国際的な記念日として世界中に広まりました。

1990年の今日まで、同性愛は精神疾患のひとつだったんですね。
ちょっとびっくりしてしまいました。
今では考えられないことですよね

近年ではさまざまな人や団体の取り組みにより、こういった
性的思考に関しての理解が少しずつ進んできていると思います。

 

LGBTの人たちにとって、不動産の面ではこれまで、
一般的な夫婦のような婚姻関係がないために、
住宅ローンの連帯債務、収入合算、ペアローンなどが認められない
ということがありました。

「パートナーシップ証明書」という言葉を聞いたことがありますか?

“「法律上の婚姻とは異なるものとして、男女の婚姻関係と異ならない
程度の実質を備えた、戸籍上の性別が同じ二者間の社会生活における
関係を「パートナーシップ」と定義し、一定の条件を満たした場合に
パートナーの関係であることを証明するもの」”
(渋谷区公式サイトより引用)

LGBTの方が多いと言われている渋谷区が2017年に開始し、
今では全国へと広がりつつあります。

この証明書があると、例えば収入合算による住宅ローンも組むことができ、
パートナーを連帯保証者として指定することができるようになるそうで、
これによりLGBTの方対応のマンションなども出てきています。

 

ひとりひとりが自分の性や生き方を認められ、
すべての人たちが他人と自分との違いを尊重し合える社会。
それこそ私たちが目指していくべき社会の姿なのではないか?
そういったことを考える良いきっかけになりました

みなさまも今日は多様な性のあり方について考えてみませんか?

 

草加・川口・八潮エリアの一戸建て・マンション・土地の購入は
センチュリー21草加市民ハウジング 草加西口店にお任せ下さい!

〒340-0034 埼玉県草加市氷川町2133-6
TEL:048-920-0021  FAX:048-920-0027
フリーダイヤル:0120-354-021

【↓】カンタン来店予約はじめました。


お問い合わせ

フリーダイヤル:0120-354-021

メールでのお問い合わせ

センチュリー21草加市民ハウジング 草加西口店

〒340-0034 埼玉県草加市氷川町2133-6

TEL:
048-920-0021
FAX:
048-920-0027
【免許番号】
埼玉県知事(8)第13993号
Copyright (C) センチュリー21草加市民ハウジング 草加西口店 All Rights Reserved. センチュリー21の加盟店は、すべて独立・自営です。